なぜ,「これ」は健康にいいのか?

読書備忘録 Reading Memo

なぜ,「これ」は健康にいいのか?
小林弘幸 (著)


What Makes THAT Good for Your Health?
Author: Hiroyuki Kobayashi, M.D.

備忘録(感想):
自律神経(交感神経と副交感神経)について分かり易く解説されており、このバランスを整えることの大切さを実感。「ゆっくり」を心がけて生きていきたいですね

Memo (what I felt ):
Autonomic nervous system (sympathetic nervous system & parasympathetic nervous system) is explained in an understandable way in this book. I realize the importance of maintaining proper balance of both nervous systems. I would like to live "slowly" according to this book

 AMAZONでの購入はこちらから!

なぜ、「これ」は健康にいいのか?

新品価格
¥1,512から
(2014/8/19 01:28時点)



以下、アマゾンより抜粋
(英語での説明はこちらから!Explanation in English here !)

内容(「BOOK」データベースより)
ゆっくり生きると、病気は逃げる。自律神経のコントロールが体の免疫力を最大限に引き出すことを、医学的に解き明かした画期的な書。

著者について
こばやし・ひろゆき 順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1960年、埼玉県生まれ。1987年、順天堂大学医学部卒業。1992年、順天堂大学大学院医学研究科(小児外科)博士課程を修了後、ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任。その後、現職に至る。20年以上に及ぶ、外科・移植外科、免疫、臓器、神経、水、スポーツ飲料の研究のなかで、交感神経と副交感神経のバランスの重要性を痛感し、自律神経研究の第一人者として、数多くのトップアスリートや芸能人のコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわる。テレビ朝日系「みんなの家庭の医学」をはじめ、多くの健康番組に出演。わかりやすい医学解説に定評がある。

0 Comments

Post a comment